ブログってなに

SINCE 2005-12-17
マニュアル本を見て作ったブログをどう発展させるか考えるブログ。
電気機関車ってなに?
 突然の電気機関車の映像でしたが、このところ電気機関車とは何かとても気になっています。

2010/12/25-01

2010/12/25-02

2010/12/25-03

2010/12/25-04

 こういうのが電気機関車だということはわかっていますが・・・。

 なぜ、このような疑問を持つようになったかというと、最近、民鉄の事業用の電気機関車が次々と淘汰されていっている理由のひとつに、電機機関車運転士を確保しなければならないことが原因のひとつになっているそうで、では、電車と電気機関車は何が違うのか、クモヤみたいな電車で車両を牽引する電車もありますし、逆に、客車から電気機関車を制御できるような列車もあります。
 登録上の違いとも考えたのですが、そうであれば電気機関車の性能を持った車両を電車として登録すれば電車運転士の資格で運転できるのですから、やはり構造上の違いか、性能か、そういう面での条件があるのだろうと思います。

 いろいろ調べてみてはいるのですが、そういう情報はまだ見つけていません。業界の方であればなんでもない常識なんでしょうけれど・・・。
| onda201 | なにシリーズ | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
パンク防止剤ってなに
 久々のなにシリーズです。

 事の発端は、パンク防止剤入りの自転車がパンクしたことで、その後の対応を考えるとあまり入れるメリットが無かったのかな、と思ったからです。功罪は共にあるようですが調べるといっぱい出てきます。
 何が一番良くなかったかというと、パンクしたときにチューブを交換しなければならなくなるところです、まさかそんなシロモノとは考えても見ませんでした。更に、ネット上の情報を見ると、某自転車店で購入するとよく勧められるらしいです。某自転車店で買いました。しかも、そういう話は教えてくれていません(教えられていたら入れません)。
これって、ガソリンスタンドの水抜き剤と同じパターンのように思われるのですが。

しかもしかも、この自転車なんだか重いな、と思っていたのですが、結構これが影響しているようなそんなコメントも見受けられました。やっぱり入れるべきではなかったのでは。

通常の利用状況で、少し空気がゆるくなったときに空気を入れてやればそれで済む話。どっちをとるかですが、私は出かける前に少し空気を入れる程度はいつもやっていることなので一回のパンクでチューブ交換というようなリスクは避けたいところです。たとえタダで入れてくれても。
| onda201 | なにシリーズ | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
へきへきってなに
 ある会社の採用情報のページを見ていたら見つけました。へきへきする。辞書を調べても載っていませんが・・・。大体想像はつきますが。




新村 出
岩波書店
¥ 12,600
(2008-01-11)

| onda201 | なにシリーズ | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
邪道ってなに?
 いつものように一通りサイトの確認とアクセス状況を見ていたら、「駅撮りは邪道」というキーワードを発見しました。

2009/09/26-01

 私には挑戦状のようにも見えましたが、念のため自分でもこのキーワードで検索してみると、多くのサイト、ブログでの方向は否定的なもの、つまり「邪道では無い」という意見で安心しました。

 まず、「邪道」という日本語を正確に理解できているかどうか確認するためにも、辞書を調べてみると、

邪道 : 本来の目的からはずれたやり方。
例    「勝てばいいという考えは邪道だ。」

とあります。 つまり、本来の目的があるということで・・・。いったいどんな目的なんでしょう。

 鉄道写真を撮る人の目的、その多くは鉄道車両を撮影することだと思います。例文に例えれば車両が写っていればいいという考えは邪道だということなんでしょう。美しい景色の中を悠々と走る車両、素敵です、それは認めます。でも、それだけが鉄道写真では無いと私は思っています。特に走行中の車両では、1両1両の詳細を鮮明に記録することは困難です。形式写真風の写真についてもいろいろな議論がありますが、我々一般人にとっては駅で撮るのが現実的です。メーカーや事業者のように完璧な場所での撮影はほぼ不可能です。

 それに、車両だけが鉄道じゃありません。

2009/09/15-17

 自分の目的を明確に持つことは大切だとは思います。ですが、他人の価値観や信念を否定するような発言はどうかなと思います、しかもいろいろな方が見る公の場所で。

2009/09/15-16

 このキーワードでここにやってきた方も、きっと、心細くなって様子を見に来たのだろうと思います。視野の狭い人の発言に惑わされること無く、どうかしっかり自分の価値観、目的を見失わないで撮影を楽しんでください。できれば、カメラを構える前に、他のお客さんや後ろの人が困っていないか、ちょっと様子を見てからカメラを構えてもらえるとありがたいです。安全のためにも。





真島 満秀,山川 啓介
小学館
¥ 2,310

続きを読む >>
| onda201 | なにシリーズ | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
一眼レフってなに
2006/05/06-02

 最近、カメラの商品知識も少し勉強しなくてはと思って調べていて、ちょっと気になっていたのが「一眼レフ」の定義です。上の映像のカメラとレンズ、全部一眼レフとそのレンズです。
 本来、一眼レフというのは、写真としてフィルムに写される画面を、ミラーを介してファインダーで直接目で確認できるカメラだったと思います。それ以外のカメラというのは、ファインダーで見る像とフィルムに写る像は別々でした。コンパクトカメラなどがそうでした。したがって、写真として写る映像とは違った窓から覗いていたので、微妙なずれが生じたり、レンズを交換すると見えている範囲と写る範囲が変わってしまったわけです。一言で言ってしまえば、ファインダーの違い。フィルムなどは全く同じものが使えたんです。

 ところが、最近の「一眼」と呼ばれるカメラはちょっと定義が変わってきているように思われます。先の定義で言えば、ほとんどの機種が全て一眼カメラになります。どれくらいのカメラが鏡を使っているかどうかはちょっとわかりませんが。では、最近の一眼と呼ばれているカメラはどんなカメラかというと、受像素子(写真のフィルムに相当する部分)の大きさが35mmフィルムに近いサイズのものをそう呼ぶ傾向にあると思います。つまり、画質を重視したカメラ。どうしても一眼という表現を使うのであれば、いままで一眼を使っていたユーザーが納得できる画質が得られるカメラ、といったところでしょうか。結局は格付け用の表現として使われているようなものです。

 私も画像の品質がどのようなファクターによって左右されるのかは十分には勉強していないのですが、先日見つけたサイトに受像素子のサイズに関する直感的にわかりやすい図が掲載されていたので紹介しておきます。私の場合、一眼はニコンD50を使用しており、画素数は6.1メガピクセルです。コンパクトデジカメはCASIOのEXILIM Z1050を使用しており、画素数は10.1メガピクセルです。しかし、画質はD50の方が圧倒的にきれいです。この差はやはり受像素子のサイズによるものだということになります。D50はニコンサイズという23.7×15.6mmで、Z1050は1/1.75(インチ)なので、図の1/1.8型がほぼそのサイズでしょう。こんなに小さいのか、と思いましたが、カメラを見れば、とても小型でしかも薄いですから、こんなものかと納得できます。

 さて、最新のEXILIMを紹介するにあたり、いくつかあるラインナップの中から自分が使っているものと同等サイズのものをお勧めすれば、ほぼ同等の撮影ができるのではないかと考えていたのですが、驚いたことにどの機種も更にサイズが小さくなっており、果たしてこのサイズの変更は最新テクノロジーの進歩によって補われているのか、それとも数字に比例して悪化しているのか、判断できない状況です。
| onda201 | なにシリーズ | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
更新工事ってなに
201系のブログで電気機関車の更新色とかE217系の更新工事とか、そんな記事を書いていますが、改めて「更新工事ってなにか」と問われると説明するのに結構苦しいものがあります。私も含めて本当にわかっている人は少ないのではないでしょうか。そんな気持ちから今日はこの記事を書くことにしました。

2009/07/06-03
EF64の更新色

2009/07/11-01
新製時の塗装はこの色でした。

例えば、色が変わることと更新工事とは、極端な説明をすれば無関係です。ここに示した更新色も、どちらかといえばJR貨物発足時の標準塗装になった、ということなのではないでしょうか。同時期に登場したEF66100番台は新製機関車ですが同じ塗り分けになっています。たまたま更新工事の時期に塗装もあわせて変更したという見方もできます。更新工事を施工したかどうか見分けるのも便利ですし。

2009/07/11-02
新車のEF66115

趣味的には見た目から最もわかりやすいので塗装の変更やボディー形状の変更に目が行きますが、いろいろな部品を新しい物に取り替えたり、新機能を追加したり、劣化した外板を取り替えるなど、工事の内容も規模もさまざまです。呼び名もさまざまで、保全工事とか特別保全工事と特別が付いたり、N40みたいな呼び方をしている会社もあります。全般検査や要部検査のような基準や規則があるものでもなく、概ね、寿命が近づいたあるいは過ぎた車両(または部品)の保全を目的とした工事といえるでしょう。定期検査と同時に行なう場合もあれば、わざわざ工場に入場させて行なう場合、電車区などの中で行なう場合などさまざまです。
定期検査で不具合が見つかればもちろん処置するのですが、それは更新工事とは呼ばれていません。となると、ある条件にあった車両を計画的に保全(工事)することをそう呼んでいるのではないでしょうか。当然お金もかかりますので、単価×対象車両=予算、結局は事前に予算を組んで行なう工事ということになるように思います、これは想像ですが。

ですが、趣味的にはあまりそういうところは重要視されません。見た目の変化、そして、たまたまその時期に雑誌などで紹介された部内用語でもって、新塗装=更新工事、というような図式になってしまっているように思われます、私の説明も実はそうでした。

では、何と呼ぶべきなのか。新塗装、といっても2回、3回と塗装替えされる場合もありますから、なかなか大多数の方に通じる正しい呼び方というのは難しいものを感じます。最後は逃げ口上になってしまいますが、だいたいそんなところです。そういう事情ですので、これはあくまでも部内的な用語ではなく、部内用語を使った趣味的な表現として捉えていただければと思います。かなり苦しい説明でした。
| onda201 | なにシリーズ | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
ファビコンってなに
「ファビコン」、最初、名前があるとは知りませんでした。

「HTML タブにアイコン」で検索すると出てきました。

Favorite icon → favicon アイコンの名前です。これを設定すると、自分のホームページ独自のアイコンがお気に入りやアドレスバーに表示されます。ブラウザの種類や環境によっては反映されない場合もあるかと思いますが、私のIE環境ではうまく表示されています。

やり方やアイコンの作り方はこちらを参考にしました。
http://allabout.co.jp/internet/hpcreate/closeup/CU20070302A/

ブログでもJUGEMの場合はHTMLをいじれるのでこれが使えます。ただし、ICOデータはアップできませんので、別のサイトにアップロードしたものを参照しています。
| onda201 | なにシリーズ | 21:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
再びコメントってなに
 あれから1ヶ月がたちました、「コメントってなに」の続きです。続編を書くつもりはなかったのですが、私もそういった状態に陥っています。正確にはもっと以前から陥っていました(笑)。

 このネット世界ではどうも空気を読めない人や(自分にとって)迷惑な人は無視してよいことになっているそうです。ですが、どうも私はそれができない。どうしても現実の世界のことを考えてしまうんです。
 どんなに迷惑な奴でも、目の前に居る人間を完全に無視することはかなり抵抗があるでしょう。多少ひきつった愛想笑いを伴いながらお断りすることが多いのではないでしょうか。

 先日、子供たちの裏サイトの問題がニュースで報じられていましたが、誹謗中傷や無視、仲間はずれ、晒し・・・、ネット社会の匿名性を利用してそういう行為が横行して問題になっているそうです、いままではリアル社会で問題になっていたイジメがそっくりそのままネットに移行したような状態です。私はネットでもリアルでも、やはりやっちゃいけないことは同じなんじゃないかな、と思うのです。2chだって同じことで、中には役に立つ情報もあるとはいうものの、その多くはやっぱり世間に知らせてはいけないリーク情報であって、何かネットだから特別許されるようなそういった風潮がそういった問題を引き起こしているように思われてならないのです。

 そんなこんなで、私のブログでのコメントやメールに対しては、基本的にはこれまで全て真面目に返事を書いていました。不本意なもの、記事に無関係な内容であったり、コメンターの書きたいという欲求のみで書き手や他の読み手を意識していないもの・・・、etc。返事のコメントには内容的には多少はぐらかしたりしたものや説教めいたものもありますが、無視したのは1回か2回、とても後味が悪かったです。

 決して自分がそうやっているから「みんなもそうすべきだ」というつもりはなく、自分はそうありたいと思ってやってきました。

 ところが、ある方からのメールの情報を読んで、このままではいけないのかなぁと思い、ちょうど結婚式の演奏や撮影の準備もあったことから忙しいことにしてコメントを受け付けないモードに切り替えました、一週間だけ。これまでの流れを一旦打ち切りたかったのと、そういったコメントを書いている方にちょっと気がついてもらいたかったのと、そんな目的から。コメントってなににもありました、他のコメンターの方が遠慮していまうということもやはり心配しましたし、実際これまで有用な情報を書いて下さっている方は遠のいてしまったようです。その一方で、一緒に撮影に行きませんかみたいなメールが届いたりして、そっちの方はあいかわらず。
 メールでいただいた情報をもとに、いろいろと検索してみると、どうも私のブログにコメントを一生懸命(笑)書いて下さっている方の数名は、他のサイトでは相手にしてもらえずこちらに来ているようです。もしそうであれば私の考え方や対応にも問題があったと思います。また、いままで許してきた行為が、途中からいけませんというのも結構難しいです。方針が変わったことは、いずれにしても明確に示さないといけないと考えています。
 教えてくださった情報をもとに他での掲示板などのやり取りを見て、自分のブログが他で書けなかったことを書くための掃き溜めになっているような気がしてきてとても滅入ってしまいました。それともう一つ心配な問題を感じました、「習い性となる」といいますが、自分もそういうのを許しているとそのうちだんだんそういう感覚が麻痺してきてそういうのが当たり前になってしまって、自分も人のサイトで好き勝手なことを書いてやしないか、と。

セカンドブログとしてこちらを立ち上げたときには、向こうには書けないようなところを書こうかなとも考えていたのですが、それも「晒し」になってしまうので、これまで書かないで来ていました。今回の話題はそういった「晒し」になっています、あまりいいことではありません。でも、自分もせっかく楽しみでやっていることなので、あまりにも苦痛になってくると、そんなにまでしてやることも無いかなという気持ちにもなってきます。

これまでは、ブログを見ていただいて、コメントを書いていただいてありがたい、そう自分に言い聞かせてやってきたのですが、これからはもう少し自分という存在をしっかりだして行こうと考えています。

自分のためのブログ宣言。
続きを読む >>
| onda201 | なにシリーズ | 23:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメントってなに
春分の日、雨。
久しぶりのなにシリーズ登場です。

コメント大杉で困っている、そんな経験ありませんか?
回答者もいろいろな方が書いているので、必ずしもお勧めできる内容ばかりではありませんが、いろいろな考え方が垣間見れますので勉強になります。

自分のブログに毎日同じ人のコメント。 - 教えて!goo

誰でも読めて誰でも書けるのがブログ。確かにいいことも悪いことも両方あります。
コメントレスは嫌ならしなくてもよい。それができる人は悩まないのかな、とも思いますが。でも、表面上付き合っていて内心迷惑、というのはかえってよくないのかもしれませんね。



しつこいコメンテーターをうまく遠ざける方法 - 教えて!goo

確かにこういうの酔っ払いの相手をするのと似ています(笑)。オウム返し作戦、インコのブログだけに面白い。



ホームページ、ブログ・・空気のよめない人。 - 教えて!goo

他の空気の読める人たちも書き込みできなくなってしまうのが難点、というのが私もとても苦労する点です。ある人に対して書いたつもりが、全然違う人が気にしていたりして。鈍感な人には伝わらないで敏感な人に伝わってしまうことはよくあることです。
※こちらのブログではそういう鈍感な方は居ません。というよりも、コメントがありません、最近(涙)。


困った常連さんへの対処方法 - 教えて!goo

自作自演、はあまり感心しません、だいたい自身が傷つきます。やはり周囲の仲間に協力してもらうというのがよいかなと思いました。


他にもまだたくさんありそうですが、この辺で。
サイドに最新コメント一覧とか大抵のブログでは出ていますが、他にコメントを書いてくれる人がいる場合に、そこのスペースが全部自分で埋まってしまうようなコメントは、やはり差し控えるべきだと考えます。
※現時点、ここのブログもそういう状態になっていますが、これは他にコメントをしてくれる人が居なくなってしまったからです。いつもお付き合いくださいましてありがとうございます。
| onda201 | なにシリーズ | 11:42 | comments(5) | trackbacks(0) |
ダークライってなに
この1ヶ月ほど、アクセス解析やトラックバックの状況をみると、非常に多くのポケモン関係、特にダークライに関するものが多く感じられます。
トラックバックの管理もこのところやっていなかったので、一通りチェックの上、当たり障りの無いものについてはすべて公開しました。右の欄を見ていただくといかに多いかお分かりいただけるかと思います。YouTube情報局もポケモン関連記事です。

このほかのいくつかのトラックバックについてもチェックしたところ、どうもブログという機能を使っているものの、ブログとは言えない内容のものが多いように思います。もちろん、便利に利用するのはそれはそれで結構なのですが、それを見に来いというトラックバックを他のブログに対して発信するのはどういうものかと思っております。

特徴としては、どういう人が書いているのか画面上で確認が出来ません。また、本文が少なくまるでカタログのような構成のもの、更には商品の宣伝、アクセスランキングなどの割合が非常に多く、最初は誰が何を目的としたブログなのか見当が付きませんでした。そういうブログをいくつか見ていると、これらの構成をみると収入を得ることが目的なのではないかと思うようになりました。おそらく関係するキーワードがあるブログに自動的にトラックバックを送信しているのでしょう。迷惑な話です。

これらのトラックバックのもう一つの特徴として、特定の記事からのトラックバックではなく、トップページから送信されている(?そんな機能があるのか?)みたいで、リンクを開くと記事ではなくトップページが開きます。本来のトラックバックの考え方としては、私はこういう考えをこの記事で書いていますので見に来てください、だと思うのですが、これでは単に私のサイトに来てください、だけになってしまいます。おかしいですよね。だいたい、そんなトラックバックの送り方を可能としているブログサービスにも問題があると思いますが。

ブログサービスのあり方についてもちょっと疑問を感じます。そういう変なトラックバックをおそらく多くのブログに発信できたり、お小遣いが稼げますみたいな誘い文句があったり・・・、ユーザーを引きつけようと必死なんでしょうが結局は自分の首を絞めているようなものだと思います。
続きを読む >>
| onda201 | なにシリーズ | 08:35 | comments(2) | trackbacks(2) |
新しい記事のページ  1/2 >> 古い記事のページ

ブログってなに
◆ブログ入門
◆鉄道趣味  


 
ブログ内限り有効 下車前途無効

PROFILE



マニュアル本通りにブログを作って本当にブログができるのか。そんな疑問を確かめるための実験場として立ち上げたブログでしたが、ひょんな出会いからいつのまにかちゃんとしたブログになっていました。
地元西武線などを中心としたブログとして再出発することにしました。



     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>








+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
過去のカレンダー写真.












































































+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ SELECTED ENTRIES